香川のごみ処理・産業廃棄物処理はお任せください

最終処理業務

ホーム業務案内 › 最終処理業務

県下最大級の産業廃棄物処分場。廃棄物処理の「最終」を担い、自然に帰します。

産業廃棄物の最終処分場は、「安定型」と「管理型」に分けられます。安定型産業廃棄物処分場では、廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず及び陶器、ゴムくず、がれき類など、そのまま埋立処分が可能な廃棄物を扱う施設です。また、中間処理を施し無公害物質に変えた後にも、ただ廃棄・埋立するだけではなく、廃棄物から出る化学物質・生物・汚水を処理施設にて生物処理、物理処理、三次処理、無公害化を徹底するのが「管理型産業廃棄物処分場」です。JINKAIの「下和田産業廃棄物処分場」は、安定型・管理型の両方の処分場からなり、浸出水処理施設、汚泥脱水処理施設を通して安全に安全を重ねた最終処理を行っています。計画埋立容積33万立方メートルは県下最大規模です。


下和田産業廃棄物処分場

JINKAIの自信。「無公害」までの全工程と責任。

廃棄物処理にクオリティが問われる時代へ。その象徴としての「下和田産業廃棄物処分場」。

1999年5月、県下最大規模を誇る「下和田産業廃棄物処分場」が誕生しました。この施設は、規模の面だけでなく、環境への細心の配慮と最新のシステムを併せ持った産業廃棄物処分場です。1999年に新設された最終廃棄物処分場は全国で7件のみ。98年度が200件以上だったことを考えると環境問題への関心の高まり、規制の厳しさがうかがい知れ、この施設の廃棄物処理に対するクオリティの高さを証明することでもあるのです。

県下の産業廃棄物の大半は最終的にはこの「下和田産業廃棄物処分場」で処理されることになります。今後10数年にわたって安定的な処理を行え、産業廃棄物処理に関するあらゆる規制をクリアする処分場は他にないと言っていいでしょう。この「下和田産業廃棄物処分場」を運営していくことは、私たち塵芥センターの誇りであり、大きな責任でもあるのです。

下和田産業廃棄物処分場
  • 所在地
    香川県綾川郡綾川町枌所東867番地8ほか
  • 施設の種類
    安定型産業廃棄物処分場
    管理型産業廃棄物処分場(※)
    汚泥脱水処理施設

※管理型産業廃棄物処分場
廃棄物をただ単に投棄・埋立するだけではなく廃棄物から出る化学物質、生物を含む汚水を処理装置を使って物理処理、生物処理や三次処理の後、無公害化して放流する処分場です

管理型産業廃棄物処分場

使用開始年月
平成11年5月
埋立地面積
12,120平方メートル
埋立地容量
205,895立方メートル
処理品目
燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物残渣、ゴムくず、金属くず、ガラスくず及び陶器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、処分するために処理したもの
処理方式
保護マットでサンドイッチされた合成樹脂製遮水シート張り。発生浸出水は浸出水処理施設にて高度処理(活性汚泥法+三次処理)
浸出水処理施設能力
40立方メートル/日
浸出水貯留槽
500立方メートル
浸出水貯留可能量
2,420〜最大38,900立方メートル

安定型産業廃棄物処分場

使用開始年月
平成8年11月
埋立地面積
15,088平方メートル
埋立地容量
126,000立方メートル
処理品目
廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず及び陶器、ゴムくず、がれき類

向坂産業廃棄物最終処分場

向坂産業廃棄物最終処分場
  • 所在地
    香川県高松市香川町東谷向坂73番1ほか
  • 施設の種類
    安定型産業廃棄物処分場

安定型産業廃棄物処分場

使用開始年月
平成14年11月25日
埋立地面積
15,210平方メートル
埋立地容量
187,925立法メートル
処理品目
廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類
処理方式
安定型の埋立処理
  • お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル0120-53-0742 営業時間7:00〜
  • メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ